ぼったくりに遭遇しないために

どのような業界にも悪質な商品やサービスは存在し、それは包茎手術も例外ではありません。当初は低価格を提示しつつ、後から高額料金を請求するぼったくりを働く悪質クリニックは存在するのです。包茎手術の実績あるクリニックは自社ホームページを有しており、実績をしっかりと明記しています。施術件数を記載しているところは、それが技術力を判断する目安となります。一方で名前をほとんど知られていない、安さばかりをアピールしている、といったクリニックは注意してください。

包茎手術において一番大切なのは仕上がりであり、例えば見た目に問題がなくて後遺症が発生しないことです。手術後にツートンカラーになったり、突っ張ったりする状況は問題があります。技術力の低い手術に対して、高額な費用を支払うほどもったいないことはありません。知名度がほとんどない、実績が不明瞭になっている、支払い方法がわかりにくい、などに該当するクリニックは避けましょう。

無理な勧誘をしてくるクリニックには注意を

医療機関で風邪や腹痛の治療を受けたら、ぼったくりに遭遇したという話はほとんど聞かないでしょう。一方で包茎手術に関してはぼったくり行為に遭遇した人が少なくありません。その最大の理由は包茎手術に健康保険が使えないためです。全額自費で支払いする自費診療は、クリニック側が価格設定を自由にできます。だからこそ法外な料金を請求してくるケースが出てくるわけです。

包茎手術を受ける人の年齢層は20代~50代以上と幅広いです。未成年や60代以上の年齢層はごく一部となります。若くして包茎手術を受ける人は、ローンを希望するケースが多いです。中にはローンやクレジット契約を希望する未成年者もいますが、原則として未成年は現金払いになります。しかし悪いクリニックの場合は無理にローンやクレジットを組ませてくるケースがあるのです。無理な勧誘をしてくるところは、ワケありだと考えたほうがいいでしょう。高額料金を請求されるぼったくり被害に遭遇する確率が高いと考えてください。

まとめ

包茎手術は自費診療という性質上、無理な勧誘をしてくる悪いクリニックに遭遇する確率が高いです。相場の数倍の料金を請求してくるぼったくり行為をするクリニックは存在します。こうしたリスクを回避するためには、怪しいクリニックを利用しないことが大切になります。知名度がほとんどない、技術よりも低価格ばかり押してくる、といったところは利用を避けるのが得策でしょう。ほかにもローンやクレジット契約と引き換えに、ぼったくり行為を働いてくるところもあるので注意が必要です。